無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
“さくら”
“冬の寒さに耐えただけに春はやってくる”
        ↑↑↑
さくら”がキレイな理由です。

きっと、同じ事が人にも言えるのでしょう。

あなたが分かってなくても、周りの人達は感じてるはず・・・

あなたがどれだけ辛く厳しい人生を歩んできたか・・・

だって、あなたのやさしさも、思いやりの心も、

その道程に比例してるはずだから・・・

だから、“さくら”みたいにキレイな花を咲かせられる様に頑張ろ!!

と言ってる私 鈴田も一生懸命、日々奮闘中です!!!

最後に
私が敬愛してやまない渡辺佑二会長から頂いた言葉を添えておきます。



こんな人生を送れたらいいな!と思います。



それでは・・・




また明日・・・







 人気blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

| vibon | コラム | comments(0) | trackbacks(2) |
「企業キャラクター」
30年以上にわたって愛されてきた長寿キャラクターが今見直されているという記事を
見つけました。
例えば、スナック菓子の「カールおじさん」、
セキグチのキャラクターである「モンチッチ」、
そしてケンタッキーの「カーネルおじさん」等である。
販売ツールとしてだけでなく消費者と企業をつなぐ顔としての存在は企業にとって
「見えない財産」と言っても過言ではないような気がします。
ちなみにモンチッチは手作りで世界に4500万個を販売し、カーネルおじさんは国内に1000体が並んでいるそうです。

 人気blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

| vibon | コラム | comments(0) | trackbacks(5) |
“ショッピング”
今迄、買い物といえば出かけていき自分の目でモノを確認してから購入するのが
当たり前の事でした。ところが現状を調べてみると、いわゆる「ネットオークション」をはじめネット上の市場で実に4兆8000億円もの買い物がされているのです。
今迄通りにデパート等に足を運んで購入されるモノが6兆1000億円
言われているのでネット上での購入がデパート等での購入を超えるのも時間の問題です。この先、ネット上での売り上げは12兆円まで膨らむであろうと推測されています。
逆らうことの出来ない大きな波にのまれていきそうですが、私個人は自分の目でモノを
確認し、店の人から直接手渡しをされて買い物がしたいと考えております。
私の考えは時代遅れなのでしょうか……?
会話も買い物も機械を通じてでないと出来なくなってしまい、顔を見ることなく
会話や商売が成り立ってしまうこの時代に「便利さ」、「スピード」だけを追求し
続けることに戸惑いと不安を感じてしまいます。

 人気blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

| vibon | コラム | comments(1) | trackbacks(0) |
みーつけた!!
今日、ある本の中ですごく美しい言葉を見つけました。
過去が咲いている 今
未来の蕾で一杯な 今
一瞬心を奪われました。今咲いていられるのは過去の努力や費やした時間が
あってこそであり、未来に花を咲かせる為の努力を今しなければならない
という意味に私は捉えました。
未来に花を咲かせる事は誰にでも同じだけのチャンスがある訳で言い換えれば、
キリスト曰く「あなたの行動はあなたの未来の予言者」であるという言葉に
通じるものがあるのでしょう。
明るい未来の為に、また未来に花を咲かせる為に今日からまた頑張っていこうと
考えさせられた言葉でした。


 人気blogランキング参加中。ポチッとお願いします。
| vibon | コラム | comments(1) | trackbacks(0) |
「なぜ忘れてしまうのだろう」
「子供の最も身近な手本は親の態度である。」
昨日、今日と子供が親を殺してしまうという考えられないような悲しい事件が
起こりました。また、その逆である親が自分の子供を殺してしまったり、
虐待をしてしまうような事件も最近頻繁にニュースとなっています。
人は何を思い生まれ、何の為に生き、そして死んでいくのか…。
考えさせられてしまいます。
戦争や飢餓、そして病気……
生かせてもらえる よろこび。
生かせてもらえる ありがたさ。
子供が生まれた時の喜び。
親になった時の感動。
育ててもらった感謝。
なぜ人は忘れてしまうのだろう……
心が苦しくなります。




 人気blogランキング参加中。ポチッとお願いします。
| vibon | コラム | comments(0) | trackbacks(1) |
・・・坐忘・・・
すごく気持ちの良い言葉を発見しました。
坐忘」……仏教の教えです。
新しいものを取り入れる為には、まず古いものを捨てなければならないという意味です。なぜなら、古いものを捨てて場所を空けないと新しいものが入らないからです。
そこで感じたのが「捨てる」という事の難しさです。
拾うこと、吸収することは誰にでも出来る事ですが、案外、捨てることは
出来ないもので、心の強さ、そして、新しいものを取り入れようとする前向きな
気持ちがあって、はじめて捨てる勇気を持てるからです。
といって、豊かな時代に捨てることだけを覚えてしまった若者たちに一抹の不安を
感じます。


 人気blogランキング参加中。ポチッとお願いします。
| vibon | コラム | comments(0) | trackbacks(0) |
“ネクタイ”
昔からの疑問の一つにネクタイの着用の是非があります。会社に就職してから意味も
解らず慣習に流され今日まで着用してきましたが、本来、何の為にネクタイをするのか?未だに理解できません。ファッションとしての着用であるならば、着用しないのも
ファッションと言えるでしょうし、フォーマルな場では蝶ネクタイを
着用する訳ですから、普段の私たちが何故ネクタイを着用するのか、
やっぱり理解できません。こんな事を書くと「そんな事は常識だぞ」とお叱りを
受けそうですが、果たして今の時代、「何が常識で何が非常識なのか」、また、
何をもって常識、非常識を分別するのか」、疑問はさらに深まっていくばかりです。



 人気blogランキング参加中。ポチッとお願いします。


| vibon | コラム | comments(0) | trackbacks(4) |
『人間』
私は人間の最も優れた才能は「忘れること」が出来ることだと考えています。
悲しいこと、辛いこと、悔しいこと、腹が立つこと、失敗したこと・・・
もし「忘れること」が出来なかったら、きっと人間は生きてはいけないでしょう。
しかし、人間はちゃんと「笑うこと」が出来るようになります。
どんなに辛く悲しいことがあっても、いつかはちゃんと笑える時がきます。
これってスゴイ事だと思いませんか? 人間って案外、強い生き物なのでしょう!!
世界中で泣いている人がいる分だけ、笑っていられる事に、笑う事が出来る環境に
当たり前だと感じず、感謝しなければいけないと強く思います。

生きていることに・・・
愛されていることに…
必要とされていることに…
笑えることに…
涙を流せることに…
感謝


 人気blogランキング参加中。ポチッとお願いします。
| vibon | コラム | comments(0) | trackbacks(0) |
『企業の格差』
今朝一番に会長が「面白い格言があるから見ておくように」と一枚のメモを
渡されました。
それには
 売上が上がらないのも
 利益が出ないのも
 市場が広がらなのも
 在庫管理が出来ないのも
 社員が成長しないのも
 電信柱が高いのも
 カラスの色が黒いのも
 郵便ポストが赤いのも
 すべて私が悪いのよ!
            と書かれていました。
きっと会長は「企業の格差は経営者自身の格差」であると言いたいのでしょう。
経営者が成長、勉強する事が最も会社を成長、成功させる近道なのでしょう。
会長が最も大切にしている言葉、座右の銘のようなものに
 「吾唯足知」というのがありますが、常に自分にはまだまだ足りないところばかりで
あるということを知り、貪欲に謙虚に勉強していかなければいけないという
意味なのですが、今の私にピッタリの言葉であると感じました。
電信柱の高さポストの色を変えられるよう頑張っていこうと思います。
という事は政治家になった方がいいのでしょうか………?


 人気blogランキング参加中。ポチッとお願いします。

| vibon | コラム | comments(0) | trackbacks(1) |