無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
「みの もんた」
先週、ある代議士のパーティーに出席したところ、旧知の仲だという事で「みの もんた氏」の講演を聴く事になりました。
正直言うと、私はあまり興味がありませんでした。
ところが話が始まって5分も経たないうちに彼の話に真剣に耳を傾けていました。
話す内容、話し方、そして表情……
すべてが完璧なのです。
こんな話がありました。
桜は「咲く」と言い、「散る」と言います。
牡丹は「つく」と言い、「落ちる」と言います。
では、菊の花は何と言うのでしょう?
日本にはこんなに素晴らしい言葉があった事に感銘しました。
美しい言葉です。きっと古き良き時代にはみんなが使っていた言葉なんでしょう。
菊は「ほころぶ」と言い、「こぼれる」と言うそうです。
心の豊かさを表すような美しい言葉です。


 人気blogランキング参加中。ポチッとお願いします。
| vibon | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://vibon.jugem.jp/trackback/8